保育士になるための保育士資格試験対策方法

スポンサードリンク

保育士になるための保育士資格試験対策方法

 

「保育士」は、看護師や美容師に並ぶくらい、

 

女性に人気のある職業です。

 

保育士を目指す方法は、いくつかあります。

 

保育士になる方法としては全部で4通りに分けることができますので、

 

その方法をご紹介していきます。

 

  1. 「指定保育士養成施設を卒業すること」、
  2. 「働きながら短大に通うこと」、
  3. 「通信講座を利用すること」、
  4. 「独学で勉強すること」

の4通りです。

 

 

1つ目の方法が「指定保育士養成施設を卒業すること」というのは、

 

全国各地にある厚生労働大臣によって指定されている大学、

 

短期大学などの保育課程を修了することです。

 

保育課程では、保育士になるための勉強・実習などを行いますので、

 

大学卒業と同時に、保育士の資格を取得することができる仕組みとなっています。

 

よって、国家試験に受験しなくても資格を取得することができる方法なのです。

 

高校の時に、進路として保育士になりたいと思っているのであれば、

 

指定されている学校に通うことによって、保育士になることができます。

 

早くて2年、夜間だと3年で卒業することができますし、

 

保育士になる方法としては確実で早い方法でもあります。

 

ただ…大学や短大に通う費用などの問題もありますので、

 

中には諦めてしまう人もいます。

 

 

 

費用の問題で1つ目の方法を諦めてしまう人にオススメしているのが、

 

働きながら短大に通うこと」です。

 

短大というか、通信制の短大で1週間などの実習などもありますが、

 

スクーリングさえ受けて、レポートや自宅で勉強することさえすれば、

 

働きながら短大に通うことができるのです。

 

もちろん、通信制ではなく夜間の大学という方法を取ることもできます。

 

普通に通うよりも、時間はかかってしまいますが、働きながらでも、

 

確実に…国家試験を受験せずに保育士になることができるのです。

 

 

 

3つ目の方法が、「通信講座を利用すること」です。

 

通信講座で資格を取得することは最近の流行でもあります。

 

保育士は子育てが一段落したお母さんなどに非常に人気のある資格で、

 

子育ての合間などに徐々に通信講座で、

 

保育士のための知識を詰め込んでいくという人が非常に多いのです。

 

通信講座であれば、大学に通うと数百万と費用がかかってしまうところ、

 

数万円で済みますので非常に人気なのです。

 

そして最後の方法が「独学で勉強すること」です。

 

本屋さんなどでテキストや問題集を購入して、

 

何にも頼らずに独自で勉強するのが独学です。

 

どの方法にしても、費用の問題や自分の生活などに合わせて、

 

よりよい取得方法を選ぶべきです。

 

保育士試験の合格率が10%と非常に低いこともありますので、

 

学校を卒業することが1番安全で確実な取得方法です。

 

スポンサードリンク


inserted by FC2 system