保育士資格試験対策

スポンサードリンク

幼稚園教諭と保育士の資格の違いと取得までの方法

保育士と幼稚園の先生の違い…それは、然程ないように感じてしまいますが、

 

同じ国家資格であっても難易度も合格率も非常に差があり、

 

まったく違うと言ってもおかしくはないくらいです。

 

保育士になるには保育士の資格を取得しますが、

 

幼稚園の先生になるためには「幼稚園教諭免許状」を取得します。

 

大きな違いと言えば幼稚園教諭免許状は、

 

国公立や私立の幼稚園で子供を指導します。

 

幼稚園に入園できる年は、

 

保育園と違って決められています。もちろん、小学校就学前までは一緒です。

 

免許自体も、1種、2種、専修と3つに分かれていて、

 

幼稚園教諭免許状の大きな特徴です。

 

保育士と1番の違いは、難易度と合格率です。

 

保育士の難易度はやはり国家資格なだけに、

 

簡単に合格できることのないくらいのレベルです。

 

合格率も10%と非常に低くだいたいの人が2度、

 

3度受験して取得する資格でもあるのです。

 

幼稚園教諭免許状の場合は、保育士の資格よりもさらに難しくて、

 

特に採用試験は難しくもあります。

 

東京都の教員採用試験の場合は、合格率が1%と本当の難しい試験なのです。

 

もちろんそれだけ収入面でも違ってきますが、

 

それにしても幼稚園の先生になるのは難しいですね。

 

大学卒業して、難しい国家試験を受験するくらいであれば、

 

同じ子供と接することができる仕事でも、

 

保育士の方が資格取得は楽であるということです。

スポンサードリンク


inserted by FC2 system